ObjecTips

基本Objective-Cで iOS とか OS X とか

DebugLog を応用した DebugBlock

DebugLog

良く見かける技で、デバッグビルド時のみ出力されるログを以下の様に定義出来る。

#if DEBUG
#define DebugLog(...) NSLog(__VA_ARGS__)
#else
#define DebugLog(...)
#endif

Before

#if DEBUG
    NSLog(@"debug message");
#endif

After

    DebugLog(@"debug message");
DebugBlock

応用して Block を扱ってみる。

#if DEBUG
#define DebugBlock(block) block()
#else
#define DebugBlock(block)
#endif

Before

#if DEBUG
    view.layer.borderColor = [UIColor redColor].CGColor;
    view.layer.borderWidth = 1;
#endif

After

    DebugBlock(^{
        view.layer.borderColor = [UIColor redColor].CGColor;
        view.layer.borderWidth = 1;
    });

これでデバッグビルド時のみ実行される実装をブロック内に記述する事が出来る。
上記ではデバッグビルド時のみビューの位置と大きさを確認出来る様に枠線を表示している。


koze.hatenablog.jp

一応上記の方法で retain count を調べてみたところ、デバッグビルド時のみ変数のキャプチャが行われリリースビルド時はキャプチャが行われなかった。
Xcode で記述する際にブロック構文のコード補完が行われないのが惜しいけど、まぁまぁ使えそう。